今日は勝手にシリーズ化をしている、笑
シェアハウスあるある話について*
Let us talk about series of typical stereotyped share-house stories. LoL

「帰宅時、リビングの灯りがついているかを確認する」

写真ふんわり_20160531_121924

何だかんだ、誰かがリビングに居ると嬉しくてホッとするもの。
Whatever comes, when we see neighbors in living room, it makes us relief.
出会ったばかりの頃はみんなやっぱりどこかギコチナイ。。
はじめましてから始まり、敬語で話したり探り探りで会話をしたり。
It is sooooo unusual when we see at the first time..
Starting from say ‘hi’,talking each other very very very politely.

でも意外とあっという間に年齢も関係なくタメ口になり、
おかえりとただいまを気軽に言い合える仲になってしまいます。
But once ice broke, we do not matter age, gender, (everything lol)
we become like more then friends and less then family.

ただいまって誰かに言ったり、おかえりって誰かにいってもらったりするのって、
こんなに心地いいものなんだって、とても感じます*
皆さんも一度、家族や彼氏以外の人におかえりって言ってもらえる、
少し不思議な感覚を体験しませんか?^^笑
We usually do not recognize how it is comfortable to live together with someone who says to whatsup and be said welcome back, but we do here not by Family&your relations.
Would you wanna feel unusual but comfortable life experience ?? ^^haha


以上、そんなシェアハウスあるあるでした♪
Thank you for reading stories of typical stereotyped of share-house.

ぽちっとしていただけるととても嬉しいです!(*^-^*)

 

リンク先にも、本当にためになるブログがたくさんありますよ♪
↓↓


住まい ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村